Become Undone #31

20170704064928286.jpg



帰ってきたと思ったら、いきなり謝ったチャンミンに
俺はなにも言えない



それが、単なる外泊へのものとは思えなかった



「ちゃん、、みん、、、」

『さっきまで…ドンへの家にいました。』

「えっ?」

頭を鈍器で殴られたような衝撃

それは今まで、色んな人にどんな言葉を言われても感じなかったもので


『ユノを裏切ったんです。……ユノだけを求めて、ユノだけを愛して……そう思っていたのに…、、、』



「ドンへを、、抱いた、のか、?」



『………』


沈黙が答えだった……


「なんでっ!どうしてっ!!」

チャンミンに摑みかかるとチャンミンは諦めたように、ふっと笑うと……

『ユノ、、、ユノは愛される事を求めてるだけで、、誰かを愛した事ありますか?僕はね、、ユノだけを愛してたけど…ユノに僕だけを愛して欲しかった……』


愛してた……
それは過去形だった


「チャンミン……、俺は…」

俺はチャンミンだけを愛してる……
でもその言葉はチャンミンによって遮られた


『お父さんの為に、、あの医者に身体を開いたとしても……、、帰って来たら受け入れてあげたかった。でも、愛してるから無理だった。ユノといても苦しいんです。』

「なんで、、それを……、、」


『やっぱり、本当なんですね…』


「それで、ドンへなのか?」

『…………』


チャンミンは答えてくれない


「チャンミン、俺たち……」

『……荷物を持って、お家に帰ってください。ユノを愛する資格は、もうないから……。』

「俺、やだからっ!やだっ!チャンミンから離れないからっ!!」



荷物なんか持たず
俺は部屋を飛び出した


ドンへに会わないと!
例えチャンミンがドンへを抱いたとしても
俺はチャンミンだけ……



そうだよ


俺はチャンミンだけなんだ!






ドンへに電話を掛けながら、ドンへの家に向かう

どこら辺に住んでるかは知ってるけど
正確な場所まではわからない


〔もしもし、、〕

「お前んちどこだよ!」

〔……なんでだよ?〕

「俺のチャンミンに手出しやがって!」

〔手?、、、キスした事か?それとも、チャンミンのアソコを咥えたことか?〕

血液が沸騰して、血管が破裂するかと思った

それもまた初めての感覚


「……お前っ!!」


〔俺は謝らないぞ。抱けないって言われた俺の気持ち考えた事あるか?愛してる人に一度でいいから抱かれたいって言って……。キスして…アソコまで咥えたのに……、ごめんって。〕

えっ?

どう言う事?

シてないって事か?




「シてないのか?」

〔チャンミンはなんて?〕

「俺を裏切ったって……」

〔……お前、愛されてるんだな。〕


はぁ?意味がわかんないよ

〔何があったのかわからないけど、すげー傷付いてた。お前、なんかしたろ?〕


その時思い出した

父さんのために、あの医者に身体を開いたとしてもって言ってた

チャンミンは父さんに呼ばれた

それであいつに会ったんだ!


誤解してる!
俺はあいつに抱かれてないのに




俺は慌てて、来た道を引き返した







玄関を開けると、そこには俺の荷物が纏められて置いてあった


「チャンミン……」

『荷物は纏めておきました。鍵は返してください。』

「やだって!ドンへに聞いた、最後までシてないって。俺も、あいつには襲われたけど、最後まではシてない!頭打って、抵抗できなくなってたけど、赤ちゃんが産まれそうって連絡きて、解放されたんだ。」

チャンミンの瞳には、今にも溢れ出しそうな涙の膜が張っていて

『……もし、産まれそうって連絡が来なかったら、シてたでしょ?僕はね、、ドンへを抱き締めたんです。ドンへに癒しを求めた……。キスされても抵抗せずに受け入れたし……、そこを咥えられた。』

「チャンミン……」

『それだけでも許せないんです。だって、、ユノだけを求めるって約束したのに……、一瞬でもドンへに縋ろうとした自分が許せないんです。』


でも、ドンへに縋らないといられないぐらいチャンミンを追い詰めたのは俺だ

チャンミンに触れたくて伸ばした手は
チャンミンに触れる前に、大きく振られた首に拒否され


「じゃあ、なんで最後までシなかった?」


『……どうしようもなく、、、ユノを愛してる自分に気が付いたから……、、、でも、それだから許せないんです。どうしても自分が、、、、』


ポロポロと涙を流すチャンミンを抱き締めたい

俺を包み込んでいてくれたチャンミンだって強いわけじゃない

本当は、繊細で弱いのかもしれない……



「チャンミン、、俺、諦めない。チャンミンの事、諦めないから……」

『ごめんなさい、、あなただけを求めてあげられなくて……』

俺は、荷物を持たずに
鍵も返さず、チャンミンだけを求めるために部屋を出た




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おはようございます(⌒▽⌒)

今日は読者様のお友達と新大久保ランチ♡
久しぶりの新大久保……、そんな日に給料日……
大丈夫か?私(笑)

ただ、買いたいものはあるので、それだけ買おう♡

それでは皆さま素敵な1日をお過ごしください☆
関連記事
スポンサーサイト
僕は弟に恋をする #8 | Home | 僕は弟に恋をする #7

コメント

ヾ(๑╹◡╹)ノ"←え?w

き〜〜らり〜〜ん♪ぷちゅ♪(´ε` )

本当に大丈夫かなぁ?
おっす。オラ、チロ♪(・Д・)ノ←怒る時はこの子を怒って下さい

ふぅ。やっぱり、チロはコメ住人なのかにょう
自分のとこもひとりコメ欄で呟いてる←ぷっ

きらりんがさ。お話書けないって言ってた意味がようやく実感としてわかった。
どんなにさ。頭でわかってても、言葉が上手く紡げないって事あるんだね。

せっかく、きらりんに僕愛貰ったのに、悶え読むだけで、頑張ろうって思っても、いい言葉に変換できない。

脳内では動いてるのに(´;Д;`)にゃんで?

でも愛に応えるために乗り越えるさ!
一緒にってきらりんが言ってくれたし←盲目愛w

で、こちら不穏ですけど…
ナニ咥えたとか、ナニチュッパしたとか、ナニ別れるの?←お下品よ!チロ!

えーーーーーーー!
好きだから、自分許せない?
あ、分かる←わかるんか!!!

好きだからこその…自己嫌悪わかる←ぷっ

え?そんな恋愛?
したした。若い頃に←ぷっ
きらりんもあるっしょ?

付き合ってる人いる時って、なぜかモテるんだよ。
でもさ。そういうのって幻想なの。

きっとさ。ドンへもユノを愛してるチャンミンを好きになったんだよ(*´-`)いつ気付く〜〜♪

あぁ、コメもキレ味悪いなぁ。
Drスランプ チロ黒ちゃんだわ(๑•ૅㅁ•๑)

2017/09/13 (Wed) 21:15 | チロ黒ちゃみ #l4Ka55xg | URL | 編集
チロオンニへ

コメントありがとうございます(о´∀`о)

あれ?
オプコメになってる(笑)
ここでは読者さんなんだから自由に書いていいよ(⌒▽⌒)

書けなくなるでしょ?
書きたくないわけじゃないんだけど、書けないの……

妄想は膨らむのに、それを伝える言葉が出てこない……
その上、リアルな2人を目の当たりにしたら余計なんだよ:(;゙゚'ω゚'):

そんなこんなで2ヶ月たったきらりなんだしょ♡

気にするなと言うのは簡単だけど、気になるんだから仕方ない(;ω;)

私もBecome Undone書くの怖くて嫌だったもん……
その割には……だとは、思うけど(笑)

僕の愛はゆっくり書こう♡
ツアー始まったらツアーの日に更新とかにしようか?(笑)

コメントとっても嬉しかったです♡
また遊びに来てください☆
待ってまーす♪♪♪

2017/09/14 (Thu) 15:20 | きらきらり☆★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する