星に願いを  #39

温泉は貸切風呂を予約しておいた

ユノには秘密にしてたから
最初こそ嫌がって照れてたけど

やっぱり旅行マジックなのか
2回目には慣れて
3回目はユノから入りに行こうって誘ってきた

ずっと一緒で
毎日身体を繋げて
本当に幸せで

行く前はすごく長く感じていた7泊8日も始まってしまえばあっという間で

もう……明日の朝には帰路につかなくてはいけない


「あっと言う間だったな……」

『あっという間でした……』

「会えなかった時の1週間は…あんなに、長かったのにな………」


『帰っても、ずっと一緒にいますから。帰ったら住むところ探しに行きましょうね?』

ユノは思いっきり頷いた










旅行が終わってしばらくした時
ヒチョルヒョンから電話が来た

『ヒチョルヒョンこないだはありがとうございました。』

(チャンミナ?お前何か聞いてる?)

『え?何がですか?』


僕にはなんのことだかさっぱりわからなかった

そしたら……


(お前…….日本支社に転勤だって………)

………………

一瞬で頭が真っ白になった

日本?
転勤?
何のこと?


(チャンミナ?チャンミナ?)

遠くでヒチョルヒョンの僕を呼ぶ声が聞こえたけど、反応できなかった


ふと我に返って
『あっ!すいません……。まだ僕は聞いてないんですけど……』

(お前のこと狙ってたエレナが、日本支社長の姪っ子で……お前を日本に!って頼んだらしい……。日本支社長は子供が居なくて、エレナを娘みたいに可愛がってるから、頼みを受け入れたらしいぞ。)

『なんで……そんなこと………』


(こないだお前らが俺を迎えに来たのを見てたらしい……。ユノがチャンミンを抱きしめてるところを見たって……。それでなんか悔しくて頼んじゃったけど、我に返って、なかったことにしてもらおうと思った時には、もう人事に話が通ってしまってたって……)


真っ白な頭でも考えるのはユノのこと

『ユノ………どうしよう……』

(転勤ってなったら、ヤバイよな?しかも理由がエレナじゃ……)

『でも拒否は出来ません……仕事を辞めることは出来……ない……』

(とりあえず…まだお前が言われてないなら、上司に言われるのを待ったほうがいい。)

『ヒョン?僕の上司はユノです……』

あっ!って思ったのか、しばらくの沈黙

『今日話してみます。ヒョンから電話があったこと……』


(チャンミナ?大丈夫か?)

『はい………』

電話を切って
しばらく動けなかった

でも、ユノに話さないとって思って
メールをした

『大切な話があります。』

「なんだ?部屋決まったのか?」

部屋を決めても、一緒には住めないんです……

『部屋はまだです。夜、家で待ってます。』

「了解!」

どうやって話そう……
ユノは大丈夫だろうか……
そして僕も……大丈夫だろうか……



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
晴れた日に永遠が見える #40 | Home | 晴れた日に永遠が見える #39

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/06/13 (Sat) 19:44 | # | | 編集
7○3○2○m○mさんへ

コメントありがとうございます(≧∇≦)

ってmamさん大丈夫ですか?
よりによって今日の直前に……(>人<;)

でも、mamさんのポジティブさが羨ましい!ピンチはチャンスです!
2人にもこのピンチで仲を深めてもらわなくちゃ\(//∇//)\

私は仕事明け……そんなに寝てないのに……昨日放送のWITHを見ています(*^^*)
かっこよすぎて萌死にそうです(笑)
実は私は明日、大好きなお友達と新大久保です( ̄^ ̄)ゞ
お互いめいいっぱい楽しみましょうねv(^_^v)♪
私ね……きっと明日……また色々買って来ちゃうんですよ( ̄▽ ̄)

2015/06/14 (Sun) 07:18 | きらきらり☆★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する