キオク #8

201703190933046f8.jpg


誰もいるはずのない部屋に明かりが灯っている

消し忘れはないだろうと考えると
入れるのは1人しかいない


薬を飲み始めたからって
すぐに良くなるわけではない身体

それに今は、身体より心が辛い

チャンミンからのLINEは、そんな俺を本当に癒してくれていた
他愛もない事でも、チャンミンがいるという事が
チャンミンの存在が俺の癒しなんだ


玄関の鍵を開ければ、チャンミンの靴がきちんと揃えられている

リビングのソファで眠るチャンミンは
まるで天使だな……

寝てるチャンミンにそっとキスを1つ

一緒に眠れるのは嬉しいけど、ちょっと拷問

まぁ、泊まるかもわかんないけど…


泊まるなら、抱いてしまいたい、、、でも確認してからじゃないと怖い




「ちゃんみん?」

『んっ、、』

「チャンミナ?」

『ひょん、、すき、、、』


寝ぼけたチャンミンの告白に堪らず抱きしめた

オデコ、頬、鼻の頭にキスを落とせば

そこじゃないと首を振る
可愛いなぁ、、、

相当眠いのか、なかなか目が開かない

「ご飯は食べた?俺はこれからだから、食べたならまだ眠ってな?」

『うん、、』

あっ、でもこの時間なら泊まるかな?

「それか、泊まっていけるならシャワー浴びるか?」

『とまっても、、いいの、、?』

「いいよ。」

ゆっくりと開いた瞼
少し潤んだ瞳で俺を見つめて微笑む

そのまま伸びた手が、少し距離を取っていた俺の首に巻きつき引き寄せられた

『ヒョン、、逢いたかった……』

「俺もだよ。ほら、シャワー浴びて来ちゃいな?」

今キスなんかしたら、この場で押し倒してしまいそうで
少しふて腐れたチャンミンに気付きながらも
バスルームに向かう背中を見送った


チャンミンがシャワーを浴びてる間に
ご飯を食べて薬を飲んだ

ベッドに横になっても息苦しい時があるのも病気のせいだと書いてあった

でも、薬が効けば進行を遅らすことが出来る


少しでも普通にチャンミンと過ごしていたい




バスルームから出て来たホカホカのチャンミン
上目遣いで見られたら、それだけで腰にクる

「俺もシャワー浴びてくるな?」

『うん……』



ぬるめのシャワーを浴びてリビングに行くと
ソファにちょこんと座るチャンミン

タオルで頭を拭きながら、隣に腰を下ろした

『ヒョン、、今度友達のお見舞いに一緒に行って欲しいんですけど……』

「友達って、こないだの彼だよね?」

『はい……』

正直行きたくない、、

まるで自分の行く末を見に行くみたいじゃないか?

みんながみんな同じとは限らない

すぐに進行してしまう人もいれば
薬が効いて10年を越しても生きている人もいる

心臓移植が受けられた人
心臓移植後の合併症で亡くなる人……

きっと、全く同じ人なんていない


それでも、薬が効かなくなって来たという彼に会うには
まだ俺の心の準備は出来ていない


「……ごめん、、一緒には行けないかな、、」

『なんでですか?』

「俺さぁ、、、」

『、、、』

「自分が思ってたより、凄いヤキモチ妬きだし、独占欲が強いんだよ。親友なんて人と会ったら、おかしくなっちゃいそうだもん。」

チャンミンはポカンと目を見開いた

『えっ?////』

「だから、、行けないかな、、。ごめんな?」

『ヒョン、何言ってるの?大丈夫だよ?僕はヒョンが大好きだもん。会えないのが3日間も我慢出来なくて会いに来ちゃうぐらいなんだよ?』

うまく誤魔化せないかと思ったけど…無理があるかな?

「じゃあ、チャンミンが先に俺の友達に会ってよ?チャンミンが大丈夫だったら、俺も会う!」

『なにそれ?僕は、、、大丈夫だよ。、、、、、たぶん、、、、』

自信がないのか、少しずつ声が小さくなる
最後は耳を澄ませないと聴こえないほど

でも、とりあえずはチャンミンが俺の友達に会ってからお見舞いに一緒に行く事になった


これで少しは時間が稼げそうだ





朝、まだ眠るチャンミンにキスをして部屋を出た


会社に着くと
〔ユノヒョン!〕ユジュンが駆け寄ってきた

「ん?どうした?」

〔恋人が出来たって本当?〕

「誰から聞いた?」

誰からって、ドンへしか知らないんだけど、、、



〔ねぇ!本当なの?〕

「恋人が出来たのは本当だよ。」

いきなりポロポロ泣きだしたユジュン
今までだって、俺に彼女はいたのに
なんでだ?

〔ドンへさんが、、相手は男だって……〕

やっぱり、、ドンへのやつ、、
まさか病気の事までは話してないよな?

「…そうだよ。ドンへは他にも何か言ってたか?」

〔他?他にもなんかあるの?〕

「いや、、」

〔ヒョンの恋人に会わせてよ!変なのだったら許さない。僕はずっとヒョンが大好きなんだよ?絶対に諦めない!〕

「ユジュン、、、。」

ユジュンの気持ちには気付いていた

でも、相手が女の間は黙っていたのに……

チャンミンに会わせるのかぁ、
確かに俺の友達に会わせるって約束はしたけど
ユジュンはだめな気がする

参ったなぁ…なんでドンへは話しちゃうかな?



昼休みになって、ドンへに電話した

〔もしもし?〕

「なんで、ユジュンに話した?」

〔あぁ、チャンミンの事?昼休みに携帯持ってニマニマしてるんだけど、まさか彼女とか出来てないよね?って言われたから、恋人出来たよって話した。そしたら、どんな女?って言うから、可愛い男だよって話した。ニマニマしてるお前が悪い!〕

俺、ニマニマしてたか?
でも、昼休みにチャンミンからのLINE見て、、、

ニマニマしてたかもな……

「だって、、チャンミンが可愛いんだよ、、、」

〔今度は惚気か?それより、明日病院だろ?1人で平気なわけ?〕

「あぁ。半休とったから行ってくる。病気の事は誰にも言うなよ!」

〔……ちゃんと話した方がいいと思うぞ?〕

「、、、、、わかってる。もう少し経過を見てから話すよ。」

電話を切ると、チャンミンからのたくさんのLINEに気が付いた

さっきは慌ててドンへに掛けたから気づかなかったけど…


『おはようございます。』
『起きたら居なくて寂しかった。』
『起こしてくれれば良かったのに、、、』
『金曜日の夜は、また来てもいい?』

『もう、ユノヒョンに会いたい……』

本当にチャンミンが可愛くて
昨日だってたくさんキスをした

欲情を滲ませた瞳に、何度も組み敷いてしまいそうになるのを必死に抑え込んで抱き締めて眠ったんだ

『もしもし?』

「もしもし?チャンミナ?」

『ひょん、、なんで起こしてくれなかったんですか?起きたらいないとか、、凄く寂しい……』

「ごめんごめん。気持ちよさそうに眠ってたからさ……。でも、キスはして出て来たよ?」

『…そんなの、僕は寝てたから知りません!』

「わかった。次からは起こして出てくるよ。ごめんな?」

出来るだけ優しく伝えれば
『ひょん、、好き…』とか

ここは会社で、デスクにいるのに

「俺も好きだよ。」伝えずにはいられないんだ


それをユジュンが聞いてたとしても……




明日の分の仕事もこなして、いつもより遅く帰宅した

もしかしたらチャンミンがいるかも、、なんて俺の期待は、真っ暗な部屋に打ち砕かれたけど……


チャンミンの着替えが部屋の隅に置いてあって
そこに一緒に置いてあった紙袋


見てもいいのか迷って……少しだけと覗いた中身が
ローションとゴムで、、、

やっぱりチャンミンだって、、

明日、医者に聞いてみるけど…
シていいかわからないけど……
一応勉強しておこうと、パソコンの前に腰を下ろした






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


おはようございます(о´∀`о)

昨日は読者さんととても楽しい時間を過ごして来ました♡今度は赤坂に行こうって約束をしたので、それを楽しみに色々がんばろっと♡

で、おととい、初めて相方が私の部屋にやって来ました\(//∇//)\今までは散らかっていたので、片付けたらね!って…早何年?
引っ越しで片付いてる間にと呼んだのですが……
〔きらりちゃんの部屋…東方神起のもの無くなったらガラガラだね?〕と言い残して帰っていきました(笑)
確かに、何にもなくなりそう(笑)

それでは皆さま、素敵な1日をお過ごしください☆
関連記事
スポンサーサイト
危険な遊び #1 | Home | true love #35

コメント

お?

みんなの憧れではなかった、勝手にコメのお局様のチロどす(/ _ ; )
こにゃにゃちわ〜♪╰(*´︶`*)╯♡

うふ♪
日の明るいうちに書くコメは、眩しいのう。←ぷっ

明日は、運動会だっけ?
応援がんばってね〜♪
黒焦げにならないように、完全防備必須だね。
今日、ちょっと外で立ち話してただけで←おばちゃんw

顔、ヒリヒリしてまふ(ㆀ˘・з・˘)


さて、今日のシムさんは、積極的だのう〜♪
で、ライバルにもなれないライバル登場!
ユノさんは、いろいろといっぱいいっぱいなようで……
こりゃぁ。病院で一悶着起きそうな予感?
バレるのか?
それとも、ライバルちゃんとのことをシムが誤解して、一波乱あるのかぁ?
ドキドキ。

で、明日からは
「こんなリクしやがって!クソチロ!」って心で罵りながら、きらりんドM心おもむくままに、書き綴っている短編になりそうなギャグエロ変態ちっくお話が始まるのね♪
楽しみ〜〜だ♪
色んな意味で楽しみ〜♪だ(。・ω・。)
大丈夫。きらりさんが、おばあちゃんになったら、チロが介護してあげるからね?
隅から隅まで洗ってあげるからね♪←コラ!レッドカード!

え?こういうコメが、いけないってことかにゃ?

チロみたいなコメだと、きらりさんがお困りになるらしいですわよ!奥様(*´ω`*)

ってことは……ん?やっぱり、「ご機嫌麗しゅう」って始めた方がイイのか?
それとも「拝啓きらり様。事件です。」って始めた方が良いのかな?

迷うなぁ〜♪╰(*´︶`*)╯♡

2017/05/19 (Fri) 17:13 | チロ黒ちゃみ #j15/m7TY | URL | 編集
チロオンニへ

コメントありがとうございます(о´∀`о)

あれ?憧れだった?
お局さま?春日局は地元だよ(笑)

昼間のコメントはシラフなのかにゃ?
でも、シラフの時にLINEしても変態だにゃ?

このお話に関しては、オンニのリクエストじゃないから、どうなっていくのかさっぱりでしょ?(((o(*゚▽゚*)o)))♡
それが嬉しいのだ♡

そして、次は短編ってほどでもないけど、そこまで長くはならないかな?
起承転結がないっていうか……切なさがないから〜〜箸休め的なお話かな?
もうすでに結構歳くったよ?このままだとギネスだな( ´Д`)y━・~~
介護しに埼玉来てくれるの?そしたら、赤坂でランチしよ?←あれ?介護は?

別にオンニみたいなコメントでも困らないぞ?
ウェルカムだがな!
でも、みんなは……そこまで変態じゃないから(笑)

コメントとっても嬉しかったです♡
また遊びに来てください☆
待ってまーす♪♪♪

2017/05/19 (Fri) 23:18 | きらきらり☆★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する