星に願いを #27

約2時間半のフライトを終えて、日本に着いた

とりあえず荷物をホテルに運んでから、会社に挨拶に行かなくちゃ…

えっと…その前に!
ユノに電話…

ホテルに着いて、落ち着いてユノに電話をした


『もしもし?ユノ?無事に日本に着きました。今ホテルで、これから会社に顔を出してきます。』

「お疲れチャンミン。……………俺…もう寂しいよ。」

『もうですか?早いですねぇ〜。……でも・・・僕とおなじですね。もうユノに会いたいです。』

「離れると、チャンミンは素直なんだな?」

『はぁ?いつでも僕は素直です。忙しいんで切りますね。また…連絡します。』

これ以上電話してても、会いたくなるだけだ…
そう思って、僕は電話を終わらせた。




会社に顔を出して、挨拶をして3週間お世話になる部署を一通り案内してもらって、その日はホテルに戻った。

慣れない飛行機や、久しぶりの日本語に疲れたのか、その日ユノに連絡をしないで寝てしまった。

次の日からは本格的に仕事が始まり、朝から晩まで働きづめだった。

本当にホテルには寝に帰るだけ
ユノに連絡する時間すら殆ど取れなかった。

ちょこちょこメールはしてたけど、つぎに声が聴けたのは、出張から1週間も経ってからだった。



〜♪♪♪♪〜

「もしもし…」

『もしもし?ユノ?起きてましたか?今電話平気ですか?』

「あぁ…平気だよ。」

電話から伝わるユノの声は、とても元気がなく聴こえて心配になる。

『仕事大変ですか?元気なさそうですけど……』

「大丈夫だよ…。チャンミンは?大変か?」

『はい。ユノに電話したいのに、朝から晩までずっと会社で、ホテルに帰って落ち着く頃には、もう夜中なので電話出来なくて…。』

「別に夜中でもいいのに……」

『今日はなんとか、日付が変わる前に電話出来そうだったので、頑張りました。……ユノ?』

「ん?」

『声が聴きたかったです。』

「………俺もだよ……」

ふと、ホテルの窓から空を眺めると
キレイな星が夜空に散りばめられている

『ユノ?ユノの部屋から星は見えますか?』

電話越しに聞こえるカーテンの音
僕には、ユノがベッドから窓辺に移動したのが想像できた
まるで、今この時に実際に見てるように

「見えるよ。今日はほしがキレイだな…。月も満月だし…」

『今ユノが見てる月や星を…僕も見ています。なんかそれだけで、近くにいる気がしませんか?』

「あぁ……そうだな。チャンミンは…いつでもそばにいるよな?」

その時

「あっ!!!」

『どうしました?』

「チャンミン!流れ星見た!スゲー!!!」

ユノは子供みたいにはしゃいでる。

『凄いですね!願い事はしましたか?』

「え?………忘れた!!!!!!」

えええええええ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
まじですか?
見ただけで興奮してたの?(笑)
まぁ、ユノらしいかぁ〜。

『願い事しないと!次はちゃんとしてくださいね?』

「わかった!もしチャンミンが流れ星見たら何願う?」

『そういうのは、秘密です!』

「けち!けーーーち!チャンミンのケチッ!」

『叶ったら教えてあげますね。叶う前に人に話したら、叶わなくなりそうでイヤです。』

この時、僕には流れ星は見えなかったけど
それでも、願い事はした

僕の願うことなんて、たったひとつしかないんだ


『ユノ。そろそろ寝ますか?また、一緒に星をみましょう?』

「あぁ。夜中でもいいから、電話して。でも、無理にじゃなくていいからな?」

なんだか、今日のユノは物分りがいいと言うか…聞き分けがいいというか……なんかいつもと違ったんだ。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村


今、きらきらり☆★はTONEのDVDを鬼リピで見ています(笑)
2人がかっこよすぎて、どうしましょう?です(笑)
あ!mission3まだみてない……( ̄▽ ̄)
今日はそれを見ながら工作しよう(≧∇≦)

ではみなさま、素敵な1日を(*^^*)
関連記事
スポンサーサイト
晴れた日に永遠が見える #28 | Home | 晴れた日に永遠が見える #27

コメント

No title

んん?
どうしたんだろう。
どうだろう。

あ、失礼。

2015/05/21 (Thu) 00:40 | 723621mam #- | URL | 編集
723621mamさんへ

コメントありがとうございます(*^^*)

どうしたんだろう?
どうだろう?(笑)

ユノだって、物分かりのいい時はある!ってだけならいいんだけど……どうでしょ?( ̄▽ ̄)

2015/05/21 (Thu) 00:59 | きらきらり☆★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する