true love #10

2017022805330545e.jpg


僕の手を振りほどいて運転席に乗り込んだユノ

前回とは違う、ユノの気持ちにも、自分の気持ちにも気付いてしまったから

なぜユノがそんな態度なのかわかってしまう


だから無理に止めることなんて出来なかった

だって、僕は今日…妻を抱く為に自宅に戻ったんだから



走り去る車が角を曲がるまで、ずっと見つめていた




『ただいま…。』

〔お帰りなさい。〕

無言で2人、夕飯を食べ
順番にシャワーを浴びる

ベッドで待つ妻に歩み寄ると、甘えるように抱き着く

好きな相手がいるくせに
なんで僕とセックスが出来るんだろう?

あっ、、、好きな男だと思ってるってことか?

でも、きっと全然違うだろ?


そんな事を考えていると、唇に触れる温もり





ほら、、キスだけでもこんない違う
違和感しかないじゃないか……


自ら服を脱ぎ、僕を脱がす
〔…好きな人でも出来たの?〕

『えっ?』

〔……なんでもない。〕

そう言って、立ち尽くす僕の前に屈みこんで


『んっ、、』
僕を包み込む粘膜の感触

緩々と勃ち上がるのがわかる


これなら、出来るかも……そう思って視線を下げた瞬間見えた光景

きっと僕はユノを想像してた


それとは違う、視界に飛び込んだ光景に……萎えた


きっと、それは妻にも伝わったんだろう

〔目を瞑っていて……〕

ベッドに寝かされ、目を瞑り、顔を腕で覆った

刺激だけに感覚を集中させ
ユノを想像して……

一瞬冷たい風が通り抜け、ゆっくりと粘膜に包み込まれる

僕の上で、必死に声を抑えても漏れ出てしまう喘ぎ

気持ちよくないわけじゃなくても
耳に届くその声が…僕を現実へと引き戻す

これはユノじゃない……
ユノじゃないんだと……


でも、僕はユノを知らない……
なら、ユノだと思えばいい?

グルグルと頭の中を自問自答

ギシギシと鳴っていたベッドが静かになり
〔イ、けない?〕

息も絶え絶えの妻の声

『……ごめん、、』

〔謝らないでよ。虚しくなるから……。でも、イって貰わないと困るから、、。〕

僕の上で身体を半回転させ、僕に背中を向けた

そしてまた、腰を緩々と動かし始める



イくまで終わらないのだと思った

だからもう一度目を瞑り
妻の動きに合わせて突き上げた

何度も、、何度も……

そして、、『んっ!!』

頭の中では、ユノの中に放っていた

でも、実際は違う……


その現実に押し潰されそうになる


『もう、、これで最後にしないか?』

〔さいごって、、〕

『愛のないセックスは、、虚しい……』

妻からの返事はなかった

背中を向けて出て行った妻

次からは断ろう……
この時、心に決めたんだ……





眠れない夜を過ごし、朝ユノを待つ

会いたくて、、会いたくて……



〔おはようございます。〕

『あれ?、、チョンさんは?』

〔熱が出たと連絡がありました。今日はお休みを頂いております。〕

『そうですか……』

もしかして、僕に会うのが嫌だった?
でも、それだけでユノが休むとは思えなかった


ユノのいない副社長室は、、寂しい



真剣にパソコンと向き合うユノを盗み見るのも僕の楽しみだったのに

いつもと違う秘書に、仕事も思うように捗らない

ユノが有能だったのだと、改めて知ることになった


『キムさん、今日は早めに終わらせてもいいですか?』

〔えっ?あっ、はい。一応本日の予定は終了しておりますので、大丈夫です。〕

『ありがとう。今日は電車で帰るので、キムさんも秘書課に戻って頂いて大丈夫ですよ。』

返事も聞かないうちに、副社長室を飛び出していた




慌てて向かったユノの部屋

インターホンを鳴らしてもいいかな?
寝てたら出ないかな?

鍵もらっておけばよかった……

その時、部屋の中から物音がして
起きてるの?思ってインターホンを鳴らした


〔はーい。〕

開いた扉の向こう側にいたのは

『ジヘちゃん……』

〔チャンミンさん…、あれ?お仕事は?〕

『ユノが心配で……』

どうぞ、通されたのはリビングで
ラグの上に横たわり布団を掛けていた

『なんでベッドにいないの?』

〔もしかしたら、ここで眠って風邪引いたのかな?ベッド、乱れてなかったから…。起こしても起きないんで、一応布団だけ掛けたんです。〕

『ジヘちゃん、ベッドに運ぶから扉開けて?』

ユノを抱き上げ寝室に向かった

ゆっくりとベッドに降ろし、ジヘちゃんが運んできてくれた掛け布団を上から掛ける

「んっ、、ちゃんみん、、」


目は瞑ったまま……
そんな呟きに、胸が締め付けられる


〔あとはお願いしてもいいですか?私、予定があって……〕

〔オッパ、、寂しかったのかな?……チャンミンさんの事になると、、激弱ね?〕

そう言ってジヘちゃんは帰って行った


ユノのおデコに冷たいタオルを乗せ
頭の下にはアイスノン

起きたら食べさせようと、お粥を作った


そのあとは、ずっと眠るユノの顔を見つめていた




瞼が微かに震え

『目が覚めた?』

「えっ?」

僕の声にガバリと起き上がると
おデコのタオルがぽとりと落ちた

『ほら、まだ熱あるから横になって?』

タオルをもう一度額に乗せれば

「あれ?今、、何時だ、、?」

『もう6時です。心配で仕事は早退しちゃいました。』

「しんぱい?」

瞬間瞳が濡れだす

『大丈夫?身体辛い?』

「ちゃん、みん、っ、、」

ユノが僕に両手を伸ばした…
母を求めるこどものように……


お願い、抱き締めて……
って言ってるみたいに、、


だから、そっと包み込んだ
僕の胸に顔を寄せ、目を瞑る愛おしい人

その顔は安心しきっていて…


『ユノは、うさぎさんなの?』

「えっ?」

『寂しくて、熱出すなんて……』

「うん、、。」

『全く……、大丈夫だよ。大丈夫だから……。』

もう愛のないセックスはしない
ユノには言えないけど、大丈夫だとは伝えたい

なにが?って聞かないユノには
きっと伝わってない

でも、それでいい……


『ユノ、おかゆ作ったから食べようか?』

「……食べさせて、、くれるか?」

『仕方ないなぁ…』

甘えるユノが可愛くて仕方ない



「チャンミン、ありがとう。」

『僕が熱出した時は、ユノが看病してくださいよ?』

「お粥は、、レトルトな?」

『いいですよ。そのぶんたくさん甘えるから……』


熱のせいなのか、ずっと僕から離れないユノ

トイレに立つだけで寂しそうで
そっと額にキスをした……

それは無意識に……

ユノもなにも言わず受け入れた


ねぇ?ユノ……
いつか僕はあなたを攫って逃げてもいい?

全てを捨てても、あなたが欲しい、、

この時、確実に僕はそう思ったんだ







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


おはようございます(*^^*)

……えっと、、大丈夫だったかな?


昨日も幕張行ってきました!
レポはあとであげますね♡
やっぱりセトリとかはあげないので、写真展とかだけだけど(笑)

ではみなさま、素敵な1日をお過ごしください☆

今日幕張の方たちは、楽しんできてください☆

あっ!キリ番が近くて〜〜25日の2周年までに行けばいいなぁ〜〜なんて……みなさんポチッとお願いします♡
関連記事
スポンサーサイト
幕張2日目も行ってきました😍その後は…… | Home | TILL2に行って来ました💕in幕張

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/20 (Mon) 19:40 | # | | 編集
おりょ?

こんばんは。チロでごさいま〜〜す♪
♪お魚くわえたどら猫〜〜♪
おぉかけ〜〜て〜〜♪

ん?寂しいの?きらりん?
チロコメが短いと寂しいのん?

ぶふふ〜〜(//∇//)調教成功〜〜♪←え!

でもね〜〜。
ここから1週間ほど…帰省だよ〜〜♪がははw
しかも…WiFi飛んでね〜w
チロ。大人しく、短くなる可能性…大!

平和なコメ欄が戻って来るよ〜〜♪
よかたね〜〜♪

あらん?
今日のシムは…襲われてるのだ。
合意とはいえ…むふっ。
襲われ採取されてる(●´ω`●)ぷっ←採取言うな!!

えっと、これで子ども出来たとして〜〜
子育ては、シムとユノでするの?←先読みしすぎ!
えっ?違う?

で、女抱いた後にユノんとこか。
ユノ〜〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾おこて良いよ〜〜!
うさぎさん。怒んないの?
おメメ真っ赤なユノうさぎさん。
チロが抱っこしてあげるね〜♪←いらんわ!

2017/03/20 (Mon) 21:43 | チロ黒ちゃみ #j15/m7TY | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/20 (Mon) 23:54 | # | | 編集
あ○むさんへ

コメントありがとうございます(*^▽^*)

私の読者様にキリ番カウンター内属なんじゃないかと思う方がいるのです!
次は無理だろうと思っていても、ポチッと押すんですよ(笑)
次は90000かな?
ぜひ今度はあ○むさんが押してリクエストください♡

お礼だなんて〜私の方こそ、読みに来て頂けてるだけで、とっても嬉しいです♡私からのお礼は、出来るだけ休まないことかな?(笑)

これからもよろしくお願い致します♡
コメントとっても嬉しかったです♡
また遊びに来てください☆
待ってまーす♪♪♪

2017/03/21 (Tue) 00:18 | きらきらり☆★ #- | URL | 編集
チロオンニへ

コメントありがとうございます(*^▽^*)

ん?短くてもいいよ(笑)
ないとさみしいけどね♡

帰省してるなら仕方ない!
あれ?規制?ひっかかっちゃうやつ?

採取って言うな!
でも、子供出来ちゃうかもよ?出来たらどうする?
ふふふ、、ふふふふふ(笑)

ってか、わたしは調教されてたの?
亀さんだから?(笑)

コメントとっても嬉しかったです♡
また遊びに来てください☆
待ってまーす♪♪♪

2017/03/21 (Tue) 00:26 | きらきらり☆★ #- | URL | 編集
M○ョ○さんへ

コメントありがとうございます(*^▽^*)

大丈夫でした?
気持ちは全くないんですよ?
チャンミンにとっては義務みたいなもので……
でも、このあとどうなるか……

2人のラブラブまでどれぐらいかな?
早く思いを伝え合って欲しいですね♡
コメントとっても嬉しかったです♡
また遊びに来てください☆
待ってまーす♪♪♪

2017/03/21 (Tue) 00:30 | きらきらり☆★ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する