星に願いを  #20

シャワーを浴びながら考える

今まで同性を好きになることなんて無かったから・・・どうしたらいいのかわからない・・・

なんとなくの知識しかない
うまくできなかったらどうしよう・・・

ユノを傷つけたくはない






『ユノ・・・』

「チャンミン・・・」

ユノはベッドの隅にちょこんと座っていて

『なんでそんな端っこに座ってますか?』

「だって・・・どんな顔して・・・お前を待ってたらいいか・・・わからなくて・・・」


真っ赤に顔を染めて・・・少し潤んだ瞳でこちらをみつめる



そんな顔を見たら、さっきまでの不安より・・・ユノを求める気持ちが勝る・・・

『どんな顔って・・・そんな顔でいいです・・・』

そっと頬に掌を宛がう

「そんなって・・・どんなだよ・・・?」



『こんなですよ・・・。こんな風に・・・僕を求める顔・・・』

「/////・・・そんな顔してない!ばか!」

『じゃあ・・・いらないの?』

「・・・・・・・・・」

ユノの両頬を掌で包み込み
そっとキスをおとす

『ねぇ・・・』

「・・・・・」

もう一度
今度は啄むように繰り返す

僕が欲しいって・・・言って・・・

『・・・・・』

「チャンミン・・・・」

『はい・・・』

「えっと・・・・する?・・・・・しようか?」

『したいんですか?』

「お前・・・意地悪・・・」

意地悪?
僕が?

・・・・・・そんなわけないですよね?

なら・・・・僕から求めてもいいですか?



『ユノ・・・僕のものになって・・・』

「うん・・・。」

ユノをそっとベッドに押し倒す
見下ろすユノの瞳は、憂いを帯びていて
僕を誘い・・・そして煽る・・・

もう止められないと
深く唇を重ねれば

ユノから舌を絡ませてくる

負けじと口内を愛撫すれば

「ん・・・ぁ・・・・・」

漏れ出る吐息に煽られる

シャツの隙間から掌をユノの身体に這わせれば
一瞬びくっと反応し
より一層の吐息が漏れる

胸を掌で包み込み
指の隙間に尖りを挟む

「あっ・・・ん・・・」

唇を離し見つめたユノの顔は・・・蕩けそうなほどに僕を誘っていた








にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村

短くてごめんなさい。
焦らしではないんですよ?
ゴールデンウイークは毎日お仕事の私・・・。
ゴールデンウイークが始まる前に予約をって思っているのになかなかうまく書けない・・・。
ん?えっと・・・言い訳です(笑)
次は一気にふたりを・・・( *´艸`)
頑張ります!
関連記事
スポンサーサイト
晴れた日に永遠が見える #21 | Home | 晴れた日に永遠が見える #20

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する