FC2ブログ

美味しい恋の作り方 #51




一体何が起こったんだろう?



テミンはミノにキスをしたけど


俺を大好きと言っていた…って事は、酔って間違えたんだろうな?


そして、ミノは完全にフリーズ



〔とりあえず飲もうぜ!〕

キュヒョンの言葉に、やっとみんなの空気が動き出した



〔ミノ!テミンはお前の部屋のベッドに転がしとけ〕


〔あっ、うん、、。〕


少しぎこちなくテミンを抱き上げると、自分の部屋の寝室に連れて行った



〔あれ、やばいぞ?〕

『キュヒョンもそう思う?』

〔堕ちたかもな?〕

『僕には願ってもないことだけど、ちょっと移り気過ぎない?』

〔まぁ、ミノだから仕方ないよ。〕

『だね』




2人の会話を呆然と聞いていたけど


何がなんだかわからない



一体どうなってる?



『もしかしたら、ユノを好きな人が1人減るかもしれませんね?』

「、、それがチャンミンじゃなきゃいいよ、、」

『僕なわけないでしょ?ミノ、、キスで恋に落ちたかも』

「えっ!さっきのキスで?」

『結構単純だからね?』




なかなか戻らないミノ

3人で部屋を覗くと、テミンの前髪を撫でていた



〔ほらな?〕

『やっぱり…』

「移り変わり激しい感じだ……」


どう断ろうか、真剣に悩んだ俺っていったい……


でも、どうにかミノにも幸せになってもらいたいな




「俺に何か出来ることないかな?」

『テミンはまだユノが好きみたいですからね……。テミンにちゃんとことわる事ぐらいしか思い浮かばないけど……』

〔まぁ、2人は一緒に暮らすわけだから、放っといてもうまく行くかもしれないしな?〕


これからどうなるかわからないけど


全てがいい方向に向かえばいいな



出来ればみんな幸せがいいんだ



欲張りかもしれないけど



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


おはようございます。

風邪を引いてしまいました……

夏風邪は、、、○○がひく(笑)


それでは皆さま、素敵な一日をお過ごしください☆
関連記事
スポンサーサイト
美味しい恋の作り方 MH #52 | Home | 美味しい恋の作り方 MH #50