FC2ブログ

美味しい恋の作り方 HM #54




幸せすぎる


ただの平凡な日常が、、すごく幸せなんだ



ずっと、緊張した生活を送っていたからか


余計にそれを感じる




『ゆの、、』

俺の腕の中で眠る可愛いチャンミン

夢の中にも俺は出て来てる?




ただ、、犯人が逮捕されたからといって

それでチャンミンの心の傷が治ったか?っていうとそうでもない



本人も気づいてないのかもしれない


夜中に、必死に俺を呼ぶんだ



その度に、抱きしめて背中を撫でてやる

「ここにいるよ、、」



きっと、たった数時間でも

手足を拘束されて、好きでもないやつに何度もキスされて

辛かったんだろう




普通はないだろ?吐くとか……




それは犯人が捕まったから、終了ってわけじゃない




この1週間で、手足の傷はだいぶ良くなった

でも、心の傷は目に見えないから厄介だ




しかも、チャンミン自身が気付いてない



朝起きると普通で、悪い夢を見たとも言わない



「おはよう」

『ゆの、おはよう』

「とりあえず病院行ったら、会社に顔出そうと思ってるんだけど、チャンミナはどうする?一緒に来るか?」

『…皆さんに挨拶したいので一緒に行きます。』

「そうだな。今後の事も考えような?」

『はい。』




堂々と手を繋いで歩く病院までの道のり


『やっと、本当の恋人みたい、、』

「ずっと恋人だったろ?」

『そうだけど、、、ずっと守ってもらってる!って感じだったから』


確かに少し気は抜けたけど

会社にはライバルがたくさんいる



〔チョンさんの頭の傷はもう大丈夫そうですね。ただ、頭はデリケートなので、何かおかしいと思ったらすぐに来てください。〕

「はい。」

〔シムさんの手足の傷もだいぶ良くなってますね。心の方は大丈夫ですか?〕

『こころ、、ですか?』

〔あっ、いや、何でもないです。〕


次の瞬間、担当医と目があって

俺は静かに頷いた




おそらくそれが伝わったんだろう


チャンミンにバレないように、担当医はメモを俺に渡して来た



にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
お詫び。 | Home | 美味しい恋の作り方 #53