FC2ブログ

運命 #8




これでユンホさんと結ばれた


そう思ったのに、なんの変化も起きないし

なんかユンホさんが困ってる……


『ユンホさん、、僕人間になれましたか?』

「あっ、、いや、なれてないと思うぞ」

『なんでですか?身体が結ばれているじゃないですか?』


何がいけないんだろう

ちゃんとユンホさんと、、、


「チャンミン、、さっきのキス、気持ちよかった?」

『はい、とても。』

初めての感覚だった


なんだが色んなところがムズムズして


どうしようもない気持ちになって




「身体が結ばれるっていうのは、その先にある事なんだ」

『その先、、ですか?』

「あぁ。俺に全て任せてくれるか?」

『ユンホさんにですか?』

「俺も、初めてだから、、うまく出来るか分からないけど、頑張るからさ」

『……はい、、。お願いします。』


ユンホさんと結ばれたヒモを解き、ユンホさんに身をまかせる


見上げたユンホさんはとてもカッコいい



「痛かったら言って…、出来るだけ頑張るから…」

『痛い事するんですか?』

「、、、セックスわかる?」

『…、、えっちですか?』

「そう。」


何かで聞いたことある言葉だけど、内容はわからない


さっきのチューだって、僕の知ってるのとは全然違った


それでも気持ちよくて、どうしようもなくて


ユンホさんに任せれば、それが痛みを伴ってもいい気がした


『ユンホさん、、あなたが好きです…。だから、全部ユンホさんに任せます…。』

「俺が、、運命の相手だといいな……」



ユンホさんの手が僕のありえない所に触れたり

異物感から、泣き出しそうになったり



それでもユンホさんの顔を見ると

どうしようもなく好きの気持ちが溢れ出したり


「痛くないか?」

『なんか、、へんっ、、』

身体がビクビクと震えるのを必死に我慢しようと思ってもダメで

「チャンミン、可愛い」

『あっ、ぅ、』

変な声まで出て来ちゃって

どうしたらいいのかわからない



「痛かったら言ってな?」

その言葉と同時に、ユンホさんの一部が僕の中に入り込んで来て

どっと変な汗が吹き出る


『ぐっ、、んっ、、』

「痛くないか?」

『へ、、いき、、』

痛みと異物感、、それから込み上げる僕の知らない感情


「少し馴染んでから動こうな?」

『…うん、、。ユンホさんは気持ちいいですか?』

「気持ちいいよ。気を抜くとヤバい…」

なんだかわかんないけど嬉しい


『もう、大丈夫です、、。』


さっきまで感じていた痛みが、少し遠のいて

また襲って来たムズムズ


ゆっくりと動き出したユンホさんの表情とか

動きに合わせて襲って来る気持ちよさとか



『あっ、、んぅ、、いやっ、、きもち、、い』

自然と出た言葉に恥ずかしくなったり


それでもどうしようもなく感じるのは幸せ



『これが、、からだが、、むすっ、ばれる?』

「そうだよ」


何か込み上げるてくる

『ゆんほ、さんっ、、だめっ、あっ、あっっっ!!』

「俺もイくよっ、、ぅっ、、」


次の瞬間、、目の前にいたユンホさんが消えた……






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
はじめまして | Home | 運命 #7