FC2ブログ

美味しい恋の作り方 MH #45




若い人の勢いは怖い


あのダブルデートの様な夜


テミンとミノはLINEのI.D.を交換していた



そして、ミノはなにかとユノの写真を撮って送っている


流石に寝室に入って写真を撮ろうとした時は、首根っこを掴んで追い出した


今はスるときは鍵をかけるようにしたから大丈夫だとは思うけど、音だけ録られて送られてるんじゃないかとドキドキしてる


だって、基本的にユノは気が付いてない


なぜなら、ミノが無音カメラを使うから



何度か注意したけど、写真ぐらいいいじゃないかって……


確かにミノは、前にユノに手を出そうとしたから

写真で済んでるなら、、仕方ないのかな?





そして、1ヶ月後……


テミンが隣に引っ越してきた




「えっ!なんでテミンくんがここに?」

〔ユノひょん、こないだ一緒にご飯食べた時に引っ越すって行ったじゃないですか!〕

「えっ!!本気だったの?」

〔ミノは手が治ったら、来る予定ですけど、少しずつ荷物は運んでこようかな?って〕

「ミノと住むの?」

〔はい!共同生活ってやつです!〕


目の前で繰り広げられる会話


全く気が付いてなかったのか、、ってビックリなのは僕だけか?


まぁ、写真が送られてるのも知らないもんね



〔チャンミン先生もよろしくお願いします〕

『若いって怖いね』

〔好きな人のそばに出来るだけ居たいと思うのは普通じゃないですか?〕

『まぁね、、、』




とりあえず家に入ってため息を吐いた

「ビックリしたな?」

『いや、そろそろかな?って思ってました。』

「そろそろ、、かな、、?」

『ずっとミノとテミンでこそこそLINEしてましたから』

「まじ?それって、2人がいい感じって事だよな?好きな人のそばに出来るだけ居たいって言ってたし!」



ユノのそういうところは嫌いじゃない


でも、2人は自分を好きだって忘れちゃったのか?



それとも、2人も付き合い始めて、隣に住むと思ってるのか?



でも、危なっかしいんだ





そして、毎朝毎晩やって来るテミンの分まで夕飯を作るようになって、ユノの目の前の席はミノとテミンが交互に座る



ほら、やっぱりまだユノが好きじゃないか……




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おはようございます。

ごめんなさい…。
ちょっと色々忙しくて、そして…夏バテかな?気力がない(笑)

今日と明日は仕事が休みなので頑張ります!

今日は当落ですね(>人<;)
皆さんの行きたいところがあたりますように……


関連記事
スポンサーサイト
美味しい恋の作り方 MH #46 | Home | 美味しい恋の作り方 MH #44