Become Undone #42

20170704064928286.jpg



何度も繰り返される背中への口付け


傷口の痛みなんかより
鳩尾の辺りがズグンと痛む



「ちゃんみん、、きすっ、、」

『たくさんしてますよ?』

「そこじゃないっ、、」

『じゃあ、、、ここ?』


チャンミンの意地悪……
いつの間にか、何も身にまとってなかった俺の昂り

そこにキスするなんて……

「あっ!っ、、」

『ねぇ、ユノ?僕の愛……ちゃんと感じて?』

「っ、んぅ、、あっ、、」

傷口に痛みはないのに
なんだかわからない感情が全身を駆け巡り
いろんなところが痛い


チャンミン、、こんなにチャンミンが愛おしい


この感情は、チャンミンにだけ抱く
チャンミンが教えてくれたもの


久しぶり侵入したチャンミンの指が蠢く


俺のいい場所なんて、わかってるはずなのに
まるでそこを避けるように動くから

「ちゃみ、、、おこっ、てる?」

『えっ?』

「いじわる、、」

『ふっ、、怒ってなんていません。ただ、、もっと僕を求めて欲しいだけです。』

そんなの、もうとっくなのに……


「これ以上、、どうやって?」

『僕よりも、、僕に負けないぐらい求めてよ。』

ずっと避けるように動いていた指が
今度は的確に、いいところだけを擦り潰す


「あっ!!まって、、あっ、、」


急激な刺激に、イっちゃうよ……
今日はどうしても2人同時がいい


「やだっ!!いっしょ、、お願い……」

『触って……、ユノを僕はこんなに求めてるんですよ?』

導かれて触れたチャンミンの昂りは
今にも爆発しそうなほど硬く

我慢できなくて、、チャンミンを押し倒し、、跨った


ゆっくりと腰を沈め、根元まで飲み込んだ所で
そっと息を吐いた


「このまま溶けてしまいたい……」


それは本心、、

そんなこと出来ないとわかってても
もう2度と離れたくない



浮かせた腰を沈めれば、自分の背がしなる

快楽に目を瞑ると

不意に下から突き上げられ
脳髄まで快楽が駆け巡る


「あっ、、っ、、ぅ、」

『イクっ!』

俺もイきそうなのに、それを伝える声も出ない
俺の口からは、ただ喘ぎと吐息が漏れるだけ


一際激しく突き上げられた瞬間
体内に熱を感じる

そして俺も全てを吐き出した


重なり合って呼吸を整え
余韻に浸る


「こんな幸せなセックス初めて……」

『僕も……』


今までは、いつでもお互い不安だった

それを誤魔化しながら抱き合うより
今が幸せなのは当たり前で


なんて、考えてると、また携帯が鳴る

通話をタップするチャンミンの携帯に反対から耳を当てた


『もしもし?なんですか?』

〔そろそろ終わった頃かと思いまして。ユンホさんに電話するより、チャンミンさんに電話した方がいいかと……〕

『あのですね、、電話をしないって選択肢はありませんか?』

〔ありません。ユンホさんの傷は大丈夫ですか?〕

「大丈夫です!」

俺は携帯を奪い取り、切ってからソファに放り投げた



「あの人…本当に怖い……」

『ユノと働きたいけど、あの人と働くのは嫌かもです。』

そんなこと言いながら、2人してジョンスさんの事を嫌っていない



『お父さんの会社を潰さないように、2人で頑張って行きましょう?』

「あぁ、ずっと一緒に……」



愛を知らなかった俺
愛を知っていると思っていたチャンミン


愛し方を知らず、求められる事だけが愛だと思っていた


求める事だけが愛だと思っていた


でも、俺たちはもう大丈夫


相手を信じて、守りたいと思う心を知ったから




これから先もずっとチャンミンと生きていく


ずっと2人で


fin




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おはようございます(о´∀`о)

ストックぎれ!(笑)

今日は大好きな読者さんでお友達の方と……新大久保(笑)
こないだは買い物だけだったので、急遽昨日誘っちゃいました(((o(*゚▽゚*)o)))♡

それでは皆さま、素敵な1日をお過ごしください☆
スポンサーサイト

Become Undone #41

20170704064928286.jpg



明日ユノが退院する

お父さんと過ごした家ではなく
僕たち2人で生活した、、解約しないでいたあの家に帰ってくる


キュヒョンの家に移していた荷物は元に戻し
ユノに必要な着替えなども、ジョンスさんにお願いして持ってきてもらった


〔小さいですね?あの家に入るのが嫌だなんて…、私を少しは見習ってもらいたいです。〕

『あなたは平気なんですか?』

いつも強く見えるジョンスさんの瞳に
一瞬影が落ち

でも、それも一瞬で……

〔平気なわけないじゃないですか?社長がムソクさんと結婚した時から、ずっと好きだったんです。ムソクさんが亡くなって……私が支えて行こうと思ったのに、いきなり養子を取るだなんて………、、、しかもその子はムソクさんと瓜二つ……。最初は本当の親子のようだったのに……〕

なんでこんな事を聞いてしまったんだろう?

この人は、思いも通じないまま愛する人を失って……


『あっ、ごめんなさい。平気だったのか?なんて聞いて……』

〔いいんですよ。そんなことも全てひっくるめて、社長を今でも愛してますから。〕



そんな事をさらっと言ってしまうジョンスさんの愛が誰よりも1番大きいような気がした







『ユノ、玄関の段差気をつけてくださいね?ロフトに上がるのは大変だと思って、マットレスごと下におろしちゃったんで、傷が少しも痛まなくなるまでは狭いけど我慢してください。』

「チャンミン、、ありがとう。」

〔っていうか、引っ越ししたらどうですか?2人で部屋を選んで。就職出来れば簡単に払っていけますよ?それにユンホさんが相続する遺産は莫大でしょ?〕

「あっ、、それなんだけど……」



バタバタしてたし、その後は刺されちゃって忘れてたんだけど……
気まずそうにユノが差し出した1枚の封筒には


"遺言"と書かれていた


不思議そうにしながらも、封筒を開けたジョンスさんは
その場に泣き崩れ…

〔社長……、、っ、、んっ、、〕




「手続きが滞っていたと思うので、弁護士さんにそれを渡してください。生前、息子の俺が受け取ったものだと伝えてください。手続きはジョンスさんに任せますから。」



泣きながら帰っていくジョンスさんを見送ると


「父さんさぁ、、遺産の中で貯金の半分はジョンスさんにって言うんだ。元々俺は養子だし…父さんのしたいようにすればいいって思ってたんだけど、遺言に…遺言の中に私をずっと愛し、支えてくれたジョンスにって書いたんだよ。」

『気づいてたんだお父さん……。きっと感謝してたんですね。愛に応えてあげることは出来なくても……』

「そう。会社もジョンスさんにって俺は言ったんだけど、それは俺にって聞かなくて。」

そっと、ユノをマットレスに座らせ
僕も隣に座る

肩を抱き寄せ、唇を重ねようとした

その時メールが1件
〔くれぐれも、ヤりすぎないように。〕

やっぱりあの人どこからか僕たちを見てる気がする



「まるで父親だな?」

『そうですね。』



そっと重なる唇

今日はどうしたって抑えられそうもない




ベッドに横たえたユノに覆いかぶさり
そっとシャツのボタンを外していく


左の下腹部の傷は引きつっていて
今にも鮮血が噴き出てきそうで触ることすら躊躇う


『痛くないですか?』
微かに触れた指先に、ユノの身体がピクンと跳ねる

『あっ、ごめんなさい。』

「違うっ!チャンミンに触られるの久しぶりで……なんか緊張する……」

そういえば、深く唇を重ねる事はあっても
そんなに素肌には触れてなかったかも

ましてや傷口のあるお腹なんて


『背中の傷は?大丈夫ですか?』

「痛くはないけど、背中だから見えなくて……」

『見てもいい?』

組み敷いていて身体が少しずつ向きを変え
見えて来たのはお腹より大きな傷だった


脇腹は最初に刺されたもので
無防備だった為に深いと医師が言っていた


脇腹の傷の方が浅いと聞いていたのに
脇腹の傷も深そうで、、でも、背中はその比じゃない


ユノに伸ばす手が震える

生きていてよかったと、改めて思う


『ユノ、、』

「なぁ?俺たち、俺が刺されなかったら…今でもバラバラだったと思わないか?それなら、刺されてよかったよ。」

『そんな、、』

「でも、逢いたいって思いながらも、逢いに行けなかったと思う。会っても素直になれなかったかも……」

『そうですね、、、』

僕も、逢いたいと言いながら逢いに行くことはなかった


ずっと、ユノを求めながらも…間違いを繰り返し
この先も会うことはなかったと………



「だから、、傷口にキスして……な?」

『………』

そっと触れた唇

最後に抱いた時にはなかった引きつった痕


啄むように何度も、、、何度も……

ねぇ、、本当に抱いてもいいの?

傷口に口付けるたびに込み上げてくる感情がわからず
少し戸惑う


もう、、この感情に名前なんて付けられない


それほど僕はユノを求めていた





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おはようございます(о´∀`о)

今日は1人フラッと新大久保!
すぐ帰ってこよう(笑)
夜は仕事だしね:(;゙゚'ω゚'):

それでは皆さま、素敵な1日をお過ごしください☆

Become Undone #40

20170704064928286.jpg


もう大丈夫だって言ってるのに、なかなか退院の許可が下りない


大学に通いながらお見舞いに来てくれるチャンミンの負担は計り知れなくて

せめて退院して家に戻りたい



「もう、俺大丈夫なのに……」

〔だめです。あなた達は家に帰ったら間違いなくシてしまいます。傷口への負担を顧みず!裂けたらどうするんですか?〕

「そこは気をつけるよ……」

がくりと肩を落とすと、
〔シないという選択肢はないのですか?〕
なんて……、そんなのあるわけないでしょ?


ベッドの上で、何度もキスをした
お互い我慢出来なくなって、チャンミンが俺に覆いかぶさると
〔ストーップ!〕どこかで絶対見てるだろ?ってタイミングでジョンスさんが入ってくる


こないだなんて、今日は会社で会議だって言ってたのに
私の目を盗もうとしても無駄ですって……まさかのテレビ電話……

チャンミンのキスで高揚した顔は
バッチリカメラに映るわけで……

だから、下に向けたカメラに映ったのは
〔勃ってますね?〕
俺の欲望だった……



『ユノに無理はさせません。だから、もうそろそろ退院させてもらえませんか?』

〔おかえりなさい。チャンミンさん。〕

『ん、ただいま。』

このやり取りも俺は嫌い

俺が1番におかえりを言いたいのに
それに、チャンミンも何の抵抗もなく、ただいまって



お互いの気持ちをまっすぐにお互いにだけ向けた俺たちは、もう何も迷わず……ただお互いを求めていた



『ユノ、ただいま。』

「ん。」

ジョンスさんを軽くスルーして、俺の元にやって来たチャンミンは、ただいまのキスを、いつもしてくれる


俺は病院から出れないから
チャンミンが外で何してるのかわからないけど
そこは何故か俺の味方になってくれたミノが逐一報告してくれる

〔ユノヒョン、調子はどうですか?〕

「もう、退院してもいいと思うんだよ。でも、許可が下りない……」

〔早く退院しないと、チャンミン最近モテモテでヤバいですよ?あの、チョングループの社長秘書としての就職が決まってるなんて、狙うやつ多いに決まってるじゃないですか?〕

「えっ!!」

〔まぁ、恋人がいて、好き過ぎておかしくなりそうだからって、メッチャオープンなんですけどね?しかも、あの秘書の人に許可まで取って、相手は次期社長だってカミングアウトまでしちゃって……〕

少しだけ、ミノの瞳が影を落として
なんだか…申し訳なくなる


でも、ミノにもチャンミンは渡せないんだ



それが顔に出たのかな?
〔あっ!もうチャンミンの事は諦めてるから気にしないでくださいよ?今、、俺とっても愛されてて〜愛される喜びを噛み締めてるんで!〕

「ん?」

〔あっ!噂をすればです!〕



病室の入り口を見れば
チャンミンと並んでキュヒョンの姿……


それからドンへも……


〔ゆのっ!!〕
キュヒョンの横に並んでたドンへは
凄い勢いで走ってきて、俺に抱きつく

傷口が痛くて顔を歪めたら
〔ほら?まだ痛むんですから、退院は無理ですね?〕
って……本当にこの人いつもどこにいるわけ?



〔ユノっ、、ごめんな?チャンミンとはなんでもなくてさぁ、、いや、本当に好きになったんだけど……〕

「ドンへ、、、ごめん。俺、チャンミンは誰にも渡せない。」

〔…渡せないって言うか、、、チャンミンがユノしか見えてないじゃん。まぁ、最初からわかってたんだけどさぁ、、、ユノがチャンミンだけを見てない気がしてな、、。〕


ドンへだって悪いやつじゃない

そんなことわかってたのに


恋は人を時におかしくする

みんな、本気で人を好きになっていただけ

まぁ、俺を刺したやつは…自分が1番だったんだろうけど?




そして、やっと退院の許可がおりたんだ




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おはようございます(о´∀`о)

もうね、最近モヤっとした事が多すぎて……
どうしたらいいんでしょう(;ω;)

って事で、ポチッとする手が止まらない(;ω;)

誰か〜〜助けて:(;゙゚'ω゚'):

それでは皆さま、素敵な1日をお過ごしください☆

Become Undone #39

20170704064928286.jpg



だめだよユノ……
ユノの傷口が心配で…開いてしまったらって考えたら
抑えないといけないのはわかってるのに


それでも、抑えられない……

ユノに触れたいという思い


ユノが欲しいという欲望



キスをしながら、ゆっくりとユノをベッドへ

覆い被さるように手を付き

でも、もっと近くに行きたくて
腕を折り曲げ肘を付きユノの小さな頭を囲った


傷口に触れないよう、体重が掛からないよう細心の注意を払いながら


啄むだけだったキスが、いつの間にか誘われるように開かれた唇の隙間から舌を挿し込むものに……


絡み合う舌がピチャピチャと音をたて
混ざり合う唾液がユノの口内から溢れ出る


硬くなった欲望がお互いを刺激して、自然と揺れる腰が
中に入りたくて、ウズウズとし始める



もう限界と、思った瞬間
ガラっと音を立てた扉から入って来たのは
〔ストーップ!傷口開いたらどうするんですか?〕


ジョンスさんだった……




まぁ、普通に考えたら
シていいわけがないのだから、入って来てくれてよかったと思わなくちゃいけないのに


さっきから唇が尖ったままのユノは
僕たちの座るソファに背を向けてしまっている


〔えっと、先ほど役員会がありまして、ユンホさんが大学卒業と同時に社長になる事と、チャンミンさんが秘書として入社する事が決まりました。まだ半年ほどありますので、その間はお二人と相談しながら私が代理を進めて行きます。よろしいですか?〕

確実にジョンスさんの言葉はユノに向かってるのに

間違いなく聞こえているはずなのに
まるで聞こえないと言わんばかりの態度なユノ

本当にユノが社長で大丈夫なのか?なんて思うから
僕が支えなくちゃ!とも思うんだ



〔はぁ……、聞こえてないようなので、勝手に話を進めさせて頂きますね?〕

『はい。』

僕が返事した事で、チラッとこっちを気にしたユノも可愛くて

そっと立ち上がってユノへ向かってしまう

〔で、事件の話ですが、犯人は送検され、今は取り調べを受けています。殺人未遂で起訴されるのは間違いないと思います……2度も刺してますから。ただ……〕

『ただ?』

〔精神錯乱の状態だったと、責任能力が無かったと弁護士は言ってきています。〕

『弁護士……ですか?』

〔国選弁護士が付いています。私選弁護人を選ぶほどの財力はなかったみたいです。元奥様への慰謝料や、お子さんへの養育費で収入もなく……〕

この話をユノはどんな気持ちで聞いているのだろう?

僕はユノ顔を覗き込むと
頬をそっと撫でた

『もしかして……不起訴を望んでますか?』

「えっ、、、」

『……でもね、、自分のした事には責任を持たないとダメです。わかりますか?ユノが罪の意識を感じることはないんですよ?』

「でも……」


自分を殺そうとした人を許そうとするユノ
それも愛の1つな気がして
僕の心はキリキリと痛む

それなのに
〔あなた達はバカですか?2度も刺しておいて、不起訴なんてありえません。もしも社長が刺されてたのなら、私は犯人を許しません!不起訴にしたいんですか?とか、、自分のした事には責任をとか……そんな事ではないんです!!〕

『ジョンスさん?』

〔社長が大切にしていたユンホさんに何かあったら、私が復讐するつもりでした。チャンミンさんもそれぐらいの気持ちになってください。ユンホさんはチャンミンさんだけを求めて愛してたらいいんです!わかりましたか?〕

あまりの勢いに圧倒されて
2人同時に返事をしていた


もう、ユノはさっきの寸止めを忘れたみたいで
「全部ジョンスさんに任せます。」

そう呟いていた






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


おはようございます(о´∀`о)

今日はヤフチケの当落です!
なんか最近当落ばっかり(笑)

そして、昨日はちょっと嫌な事があって……モヤットボール!!でした(;_;)
なんか……ね?(笑)
頑張ってお話書かないと!

それでは皆さま、素敵な1日をお過ごしください☆

Become Undone #38

20170704064928286.jpg
なんだかとても眠っていた気がした

でも、聞き覚えのある声と愛おしい声が
まるで子守唄のように聞こえる


それはいつしか、仲よさそうな掛け合いになり

俺のチャンミンに近づくなって…嫉妬の炎となる



〔早く起きないと、チャンミン君をジョンスに取られるぞ?〕

父さんの声が聞こえた気がして、俺は目を覚ました


本当に目の前にチャンミンの顔があって
夢かと思う


掌に感じる温もりを放したくなくて
必死に握り締めた


愛してると言ってくれたチャンミンと離れたくない
涙で滲んでよく見えないチャンミンをもっと近くで見たいのに

ジョンスさんが連れてきた看護師さんやお医者さんに連れられてチャンミンは部屋から出て行ってしまった



もう俺は大丈夫だから、チャンミンを連れて来て……


やっとバタバタとみんなが部屋から出て行って…
代わりに入って来たのはジョンスさんで

〔ユンホさん、そんなあからさまにがっかりした顔しないでください。チャンミンさんは外のソファで寝てしまっています。この4日、多分一睡もしてませんでしたよ?〕

「一睡も?」

〔ユンホさんが目覚めた時、1番に目にするのは自分がいいと……、自分は独占欲が強くて、嫉妬深いんだと言ってました。〕

俺のためじゃなく…自分のためって……

でも、それがどうしようもなく嬉しい


「ジョンスさん、、俺も、チャンミンとあなたが楽しそうに話してるのが嫌で戻って来た……。」

〔まったく、、お互いそんなに好きなのに、なんで離れてられたんですかね?私にはさっぱりわかりません。求めてるのはお互いだけって……わかんないなんてバカみたいだ。〕

この人のこういう所に、この2ヶ月半救われて生きて来た

「本当に……、ばかだよね?でも、もう離れない。」

〔そうしてください。〕
そう話したジョンスさんは暖かいヒョンのような笑顔を俺に向けた



俺はそれから2日して、個室に移動になった


簡易ベッドの付いている部屋で、チャンミンはずっと離れず側にいてくれる

「なぁ?こっち来て…な?」

『…抱き締めてると、、いろいろと支障をきたすんで……』

「チャンミンとシてから…俺ずっとシてないよ?」

『僕もですよ。』

そんな事言われても、信じられない俺はだめだよな?
もしかして、チャンミンもずっとこんな気持ちだった?


伸びて来たチャンミンの手をぎゅっと握ると

『信じられませんか?』

「……いや、、チャンミンもずっと俺を信じたくて…信じきれなかったのかな?って思って……」

『……信じてないわけじゃなかったけど…いつも不安だったかな?それに、、ユノだけを求める事に必死だった』

俺たちきっと臆病で
もっとちゃんと話せばよかったのかな?

『ユノ、、、僕が大学を出たら、ユノの元で働きたいです。ずっと側にいてもいいですか?』

「もちろん!俺、、もうチャンミンと離れたくない。愛してるんだ。」

『ふふふ、、僕の方が愛してますよ。』

傷口は深く、エッチなんて以ての外なのはわかってる

でも、どうしようもなく求めてて……

それはお互いで……

俺たちは、、、そっとベッドの上でキスをした





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

おはようございます( ´ ▽ ` )

残すところはヤフチケ!なんて思ってたら……プレミアの2次?そんな事今まであった?
まぁ、申し込むけどね?ってなったきらりです(笑)

ヤフチケでも申し込んでますが、12/21の東京と1/14の名古屋に行きたい!!どうしても行きたいのに……チケットが取れてない:(;゙゚'ω゚'):
まだこれから一般とか2次募集とかあるのかな?って思うけど……、、、
もう、残念ながらご用意できませんでした。の文字は見たくない(;ω;)あの破壊力何なんでしょうね?(笑)

まぁ、最後まで足掻いてみたいと思います♡

それでは皆さま、素敵な1日をお過ごしください☆